【Flashes】ポートフォリオに組み込むかどうするか問題

DI_IMG_5780_TP_V


稼働を悩んでいるEA

■稼働を悩んでいる(データは2018年実績)
EAPips損益Lotsエントリー数
Flashes for EURUSD186.428,22228.1151
Flashes13.1-3,94827.08155
 
Flashesシリーズです。
なんで悩んでいるかというと、以下が気になっているからです。
  • 私の環境(TitanFX)だと十分なパフォーマンスが出せていない?
  • 作者の「停止推奨時間」に従わないと十分なパフォーマンスがでない? 
作者公式フォワード(OANDA)と私の環境(TitanFX)+「停止推奨には半分くらい従う」による、パフォーマンスの差異はこんな感じです(Myfxbook)。
※私がFlashesをTitanで動かし始めたのがDD期に入ってからなのでパッとしないですが、同期間での比較です。


■作者公式フォワード
スクリーンショット 2019-01-03 14.35.15

■ボーリングマンフォワード(TitanFX、停止推奨には半分くらい従う)
スクリーンショット 2019-01-03 14.35.35

取引数:ボーリングマンのほうが多い
総Pips:公式のほうが多い
平均負けPips、平均勝ちPips:ボーリングマンの方が有利
勝率:公式のほうが高い
PF:公式の方が高い

勝率がぜんぜん違う。
どこで差異が生まれてるのか詳細をみてみた。

■公式フォワード
スクリーンショット 2019-01-03 14.43.46

■ボーリングマンフォワード
スクリーンショット 2019-01-03 14.43.56


私の実トレード履歴は、公式フォワードに対して、余計な(マイナスの)エントリーが多いようです。
これが「停止推奨時間」に止めていないことによる差異であると考えられます。

TitanFXのせいか、という仮説もあるのですが、
トレードをひとつずつ見比べていくと、1pips程度の差であり、
上記の「余計なエントリー」のほうが圧倒的にインパクトがありそうです。

2018年に(特にEURUSDのほうは)成果を残しているので、
継続利用したいのですが、手動で停止/再開するのはなー、結構面倒だなー。
というか無理なケースも結構あるなー。

Flashes for USDJPY
FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!8年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る
FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!8年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る?|?fx-on.com
Flashes for EURUSD
【351本以降23,000円】FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!10年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る
【351本以降23,000円】FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!10年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る?|?fx-on.com





... 続きを読む