無料で使える有料EAまとめ [2018/8版]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAK86_smonitatocode20140517_TP_V

自動売買のためにシステムやEAは必須です。

しかし、善良な市民を食い物にするいかにも怪しい値付けだったり(何十万円とか)、
そうでなくても月に何本もほいほい買える金額設定ではないです。

上記はそれなりに良心的(?)なゴゴジャンでのEA売上げランキングですが、
それでも標準価格帯は2〜3万円くらいです。

ただでさえ自分の資産をリスクに晒してマーケットで戦っているのに、
そこに上乗せでEA購入代が発生してしまうの結構ハードルになるケースも多いですよね。

ただネットの海を探していると、
有料販売されているEAを無料で手に入れられるキャンペーンなんかもよくあって、
今回は「新規口座開設をすることで手に入れられる有料EA」をご紹介します。

※記事作成時現在の内容ですので、EA無料入手条件は必ずリンク先をご確認ください。

スキャルピングモンスター(定価:29,800円)

スキャルピングモンスター(ゴゴジャンに飛びます)
年間400回以上の圧倒的な取引回数で高収益を実現

ゴゴジャンでは超有名EAです。FX貴族さん作。

定価29,800円と、昔はこんなに高くなかったはずですが、
フォワード実績を踏まえて何度か価格改定をしているものと思われます。

それが以下の証券会社の口座を開いたり、特定の条件を満たすと無料で入手できます。

アヴァトレード・ジャパン
アヴァトレード・ジャパン株式会社 スキャルピングモンスタータイアップキャンペーン

FXトレード・ファイナンシャル
FXTF×「スキャルピングモンスター」 タイアップキャンペーン

スキャルピングフェアリー(定価:19,800円)

スキャルピングフェアリー(ゴゴジャンに飛びます)
ポンドドル専用の高頻度&高収益スキャル

これもFX貴族さんの作の有名EA。

それが以下の証券会社の口座を開いたり、特定の条件を満たすと無料で入手できます。

外為ファイネスト
外為ファイネスト タイアップキャンペーン スキャルピングフェアリー

スキャルピングドラゴン(定価:29,800円) 

スキャルピングドラゴン(ゴゴジャンに飛びます)
【高収益×低ドローダウン】12年連続で黒字のドル円スキャル

FX貴族さんのスキャルピングシリーズ3発目。

それが以下の証券会社の口座を開いたり、特定の条件を満たすと無料で入手できます。

外為ファイネスト
外為ファイネスト タイアップキャンペーン スキャルピングドラゴン

Hrunting GBPJPY(定価:19,800円)

Hrunting GBPJPY M30(ゴゴジャンに飛びます)
勝率60%超えのポンド円スイング系EA

ポンド円のスイングEAです。
スイングEAってこの界隈ではあまり見ないので物珍しい感じ。勝率60%超。

それが以下の証券会社の口座を開いたり、特定の条件を満たすと無料で入手できます。

アヴァトレード・ジャパン
アヴァトレード・ジャパン株式会社 Hrunting GBPJPY M30 タイアップキャンペーン

FXトレード・ファイナンシャル
FXTF×「Hrunting GBPJPY」 タイアップキャンペーン

SCH-Trend system(定価:32,800円)

それが以下の証券会社の口座を開いたり、特定の条件を満たすと無料で入手できます。

FXトレード・ファイナンシャル
FXTF×SCH-Trend systemタイアップキャンペーン201704

Beatrice RISE1(定価:44,800円)

「ビートライス」と読むのかと思ってましたが、
「ベアトリーチェ」「ベアトリセ」のようですね。
コメがどうしたんだと思ってましたが、女の子の名前でした。

これもスイング系EA。

Beatrice RISE1(ゴゴジャンに飛びます)
2016ー2017年前半売上額No1実績 Beatriceの後継シリーズ

それが以下の証券会社の口座を開いたり、特定の条件を満たすと無料で入手できます。

FXトレード・ファイナンシャル
FXTF×「Beatrice RISE1」 タイアップキャンペーン

AngelHeart USDJPY(定価:24,800円)

Angel Heart USDJPY(ゴゴジャンに飛びます)
エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!

エリオット波動を根拠にエントリーする有名EA。
界隈の方々でも使っている人が多い印象です。

それが以下の証券会社の口座を開いたり、特定の条件を満たすと無料で入手できます。

アヴァトレード・ジャパン
アヴァトレード・ジャパン株式会社Angel Heart USDJPYタイアップキャンペーン

複数のEAでポートフォリオの構築を

ご紹介したものを含め世の中には優秀なEAが多く出回っていますが、
基本的には「試行を繰り返すことにより理論値に収斂していく」というベースがあります。
つまり、デイリーやマンスリー程度では、良いときも悪いときもある、という事を意味しています。

「通貨ペア」「スキャルピング/スイング」「高頻度/低頻度」「勝率が良いけど損大利小」「勝率は悪いけど損小利大」などなど、様々な視点でEAはカテゴライズできます。

EAの多様性を持たせて、あるEAの調子が悪いときには、他のEAが補う、
というポートフォリオを構築することをおすすめ致します。




似たような記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。