2018年まとめ後編 (+¥81,813) 今年やったことと来年やること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ボーリングマンの素敵なEAたち」前回までは・・・。

2018年まとめ前編 (+3098.8pips, +¥81,813) 生き残った! : ボーリングマンの素敵なEAたち

2018年は一年間を通じてEA稼働した初めての年になりました。一時期はもっと利益を積み上げましたが、10月以降の市場の荒れで多くを失うことになりました。今年の結果には全く満足していません。失う必要がなかったお金を失ったし、稼ぐ機会を自分のミスで逃すシーンもありま

■年サマリ(EA)
Pips 損益 Lots エントリー数
3502.0 110,271 303.07 2725

 

■年サマリ(グルトレ)
Pips 損益 Lots エントリー数
-403.2 -28,458 1.81 136

 

■年サマリ(全体)
Pips 損益 Lots エントリー数
3098.8 81,813 304.88 2861

chart

利益の大半を失いながらもフル稼働初年度を生き残ったボーリングマンは、
勝利に大きく貢献した「一本勝ち」「max_5pair」「Beatrice DELTA2」を称賛。

「2018年やったこと」「2019年やっていくこと」
は後編にまとめるなどと、突如記事の続編の存在を明らかにし、眠りについたのであった。

2018年やったこと

1.無料EAを投入

2018年は無料EAをいかに支配するかということがテーマだった気がします。
前編でも語ったように私は資産規模が小さいので、有料EAへの投資が多くなればなるほど回収に時間を要します。
そんな背景もあり、無料EAは積極的に採用。
いろんな記事で何度も書きましたが無料EAは有料EAとビジネスモデルが違うだけなので「無料だからどうこう」という議論は的外れだなーと実感しました。

試験稼働していたEA群を実戦投入します:Scal-1~Scal-7 : ボーリングマンの素敵なEAたち

EA動かしすぎ事件以前、MT4上でEAを走らせすぎて他のMT4にも悪影響を与える事案がありました。もうMT4をこれ以上立ち上げられないので、別口座で試験的に走らせてるEAたちをひとつのMT4で十把一絡げにしたんだけど、これじゃうまくいかないんですかね? pic.twitter.com/wY4e

72チャート同時稼働!無料EA、KHS3000を実戦投入します。 : ボーリングマンの素敵なEAたち

目次1, KHS3000…?2, また無料EAか3, どうやって導入すんだっけ?4, 運用パフォーマンス5, 72チャートって設定で死なない?6, 初期投資はなるべく抑えたいKHS3000…?この72枚のチャートをご覧ください!圧倒的な画面占有率と「やってる感」。これぞKHS3000。KHS3000は、先

(とうとう)TRADERS-proを始めました : ボーリングマンの素敵なEAたち

FX自動取引の開始以降、ゴゴジャン界隈しか知らなかった私ですが、とうとう「トレプロ」デビューをしました。優秀な自動売買システムを世界中から集めました!TRADERS-pro【トレプロ】今回導入することを決めた3つのEAを紹介します。①White Bear Z V2②Hornet USDJPY ③Buf

なぜかEA-BANKの特集記事を書いてませんでしたが、
2018年9月以降はEA-BANKに踊らされましたね(これも良くも悪くも)。

■EA-BANKのEAだけ抽出してみました(EAによって稼働期間は異なる)

EA Pips 損益 Lots エントリー数
Good Morning EURJPY 273 31,246 6.36 53
Good Morning GBPJPY 213.4 27,739 4.06 29
MB-TradingSystem 215 22,588 4.6 46
Parallel Bands System 30.5 4,656 1.03 5
Buffalo 32.7 1,900 1.1 11
Hornet USDJPY 4.2 -277 0.7 7
EA04-HANA- EURUSD -18.7 -1,936 1.82 14
Good Morning USDJPY -7.4 -4,910 6.25 39
Dragon bazooka -93.4 -6,280 0.24 4
Taurus USDJPY -37.9 -7,729 0.8 4
EA06-SoRA- EURJPY -27.7 -8,310 0.9 3
Scorpio GBPUSD -49.8 -8,529 0.45 3
SunflowerEURJPY -101.9 -16,040 1.56 10
Angel Heart USDJPY -195.7 -16,297 2.31 31
SuperNOVA -41.5 -17,258 0.95 4
総計 195 563 33.13 263
  • Good Morningシリーズ
  • MB-TradingSystem

は、2019年も引き続き稼働予定ですが、他は、、、。

思えばEA-BANKのEAを入れ始めたころから、
パフォーマンスの乱高下が激しくなったような気がします。
(このころから市場のボラティリティが急激に上昇したのと関係があるのかは不明)

同じような動きをするEAが多いので、「勝つ時はみんな勝つ」「負ける時はみんな負ける」
というポートフォリオになってしまいました。
EAの選択という意味でここは猛省。

2.メイン口座をOANDAJapan→TitanFXに変更

10/15稼働分からメインの取引口座をOANDAJapanからTitanFXに移動しました。

理由はいろいろあるのですが、

  • OANDAで不利な約定の噂が絶えない
  • ハイレバレッジでより効率的な運用を行いたい

とかとか。

私は超小口プレイヤーなので、
「いかに資金を効率的に運用できるかが鍵になってくるなー」というのは長年の悩みでした。
一番のネックは証拠金維持率をどこまでキープできるか、というところですね。
レバx25の国内業者Oanda Japanから、レバx500のTitanFXにお引越ししました。
長年悩んでた割には、必要な作業は、
①資金を移動する
②MT4のログイン先を変更する
だけなので、あっちゅうまにできました。 

これと同時に、キャッシュバック(TariTali!)に登録。

2018/10/01 〜 2018/12/31
総額:11,374 円

TariTali!の管理画面によると、わずか2ヶ月ちょいの運用で既に11,000円以上還元されたようです。
小規模投資家にはありがたすぎる額。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

これはすごいと思って妙な正義感に駆られて特集記事をつくりました。

海外口座利用なら「TariTali(タリタリ)」でお金が還ってくる! : ボーリングマンの素敵なEAたち

目次1, TariTaliのキャッシュバックってなんなの2, TariTaliのキャッシュバック率3, ボーリングマンの場合4, はじめかたTariTaliのキャッシュバックってなんなのFXの海外ブローカーをお使いの方ならご存知だと思いますが、FXブローカーを利用して取引する際の手数料やスプレ

3.「グルトレ」を開始

ほんとにEAの自動売買だけでいいのか?経営の多角化を進めねば!
などとボーリングマンCEOが思案していたときに、「グルトレ」というパワーワードがTwitterを騒がせていました。
これは面白いと思って試したところ、数セット(?単位不明。セットから全決済まで)を試したところ、立派なEA分くらいの稼ぎを出しました。

でも、12月の半ばにポカをやってしまい利益を飛ばします。
グルトレは「サポート」と呼ばれるポジションの方向(S/L)を自分で決める必要があるのですが、
チャートを読めない私はこれを読み違えたんですね。ばかだー。

4.ブログ「ボーリングマンの素敵なEAたち」を開始

ほんとは2017年10月くらいにスタートしたブログなのですが、
当時は界隈のEA運用者もすくなく反響もあまりなかったので放置していました。
それを再開したのが今年の4月末。

なので厳密にはこれは再開だったのですが、
私にはこれがはじまりでした。今年の4月までは始まってもいなかった。
このブログを始めてから多くの方とつながることができましたし、
つながることによって、多くの情報やアイディアがかなり速いスピードで入ってくるようになりました。
界隈参加者の脳みそが並列化された感じ。

みなさまには感謝しか無いです。
ブログを読んでくれた方、Twitterで絡んでくれた方、本当にありがとうございます。




2019年やりたいこと

1.稼働期間の見極め

EAの収益率が急激に悪化した秋以降「もしかしたらVIXとEAの収益は関連があるのではないか」と論じる声が増えてきました。私も自身のパフォーマンスとVIXのチャートを照らし合わせましたが、確かに相関性があるようにみえます。

VIXが上昇する(=ボラティリティが高まる)時期はEAが想定通りのパフォーマンスを出しづらくなるようです。

VIXが20を上回るときにはスキャルピングEAの稼働を停止する

というルールを2019年は適用します。

2.「グルトレ」の戦力化、「4すくみ」「5すくみ」の実戦投入

前述の「グルトレ」はぜひとも収益の要のひとつとしたいところです。
ポイントは「長期的視点」で方向を判断する、運用資金に余裕をもたせる(保有期間が長いので)ということですかね。

「グルトレ」と違って「サポート」の方向を自分で決める必要はないのですが、
リピートイフダンで繰り返し利益を狙っていこうという方向性は同じと解釈しています。
ただこれを1ペアではなく、4~5ペアで行っていくことで、どちらかの方向に極端に進んだ場合のリスクを抑制します。

考案者さまのサイト。

SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

2018年のさいごに

繰り返しになりますが、今年は1年間を通じてEAを稼働させたはじめての年でした。

2019年は今年より多く成功を重ねたいです。
そのためにはより多くの失敗や、そこからの学びが必要になると思っています。

上にまとめたポイントは自分自身でも頼りにすることがあると思いますし、
このブログをご覧になった方にとっても、なにかしらお役に立てることがあれば幸いです。

それでは2018年、大変お世話になりありがとうございました。
みなさまに良いお年が訪れますようにお祈りいたします!爆益あれ!




似たような記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。