【売買記録】2/19 (+18.6pips, +¥3,691)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はなんか静かですねー。月曜日はDELTA2がエントリーしたのみで、クローズがなかったので報告なし。火曜日は久しぶりにFlashesがお出でなさった!

全体サマリ

■日サマリ
Pips損益Lotsエントリー数
18.63,6910.42

EA別パフォーマンス

EAPips損益Lotsエントリー数
Flashes for EURUSD20.94,3720.201
Flashes-2.3-6810.201
合計18.63,6910.402

おかえりFlashes!しばらく見ないうちにゴゴジャンでの販売は停止となり(先日、期間限定で復活してましたが)諸行無常を感じます。

Flashes for USDJPY
【1月10日に販売終了】FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!8年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る

Flashesの復活とECN口座

Flashes for EURUSDは超久々にして復活勝利。

どうやら11/19以来の実戦投入みたいです。昨年10月にTitanのメイン口座に移って以来、あれよあれよと負けて通算パフォーマンスが右肩下がりに。海外口座だとスプレッドの問題があるのでは、と仮説付けてそのときは運用停止しました。

でもFlashesはこれまでポートフォリオに大きく貢献してくれたEAですし、いつか復活させたいなーと思っておりました。ただFlashesのように数pipsを争って奪い合うスキャルピングEAはスプレッドが命なので、とてもスタンダード口座での運用は無理です。

そこで、私は手数料というやつを支払うのが嫌いなのですが(好きな人はいないでしょうけどね)、やむを得ず低スプレッドのECN口座を開設しました。スタンダード口座とあわせてTitanで統一したかったのですが、Titanはすでに口座数上限に達しているため、悪名高いXMのECN口座、XM Zeroを開設。

例によって手数料とかスプレッドは少しでも取り戻したいので、TariTali!と紐づけ。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

例えば、上記の利益4,372円(0.2lot)のトレードの場合、251円の手数料を支払ったあとのネット利益です。(たらればですが、手数料を支払わなければ利益は4,623円)

TariTali!を利用した場合のキャッシュバック金額一覧を(半ば自分用に)以下の記事にまとめました。

これによると、XM Zeroは1lotあたり480円(当時の為替レート)のキャッシュバックです。

今回は0.2lotなので、90円くらいは戻ってくるはず。
251円の手数料のうち90円としたら、手数料の35%のキャッシュバック!

EAの勝ち負けは長期的な視点で勝負していくとして、でもそのなかでも安定的な収入を得ることができる複数の柱で戦えるといいなと。

(当方ではそのように考えております。)

似たような記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。